重曹って?

「重曹」ってよく耳にしますよね?

重曹の存在を知ったのは、結婚してからでした^^;;

お掃除に効果があると聞いたのが重曹との出会いでした。

その重曹とは、どんな物なのか。


重曹は別名【重炭酸ソーダー】
科学名【NaHCO3】と言います。

日本では主に“ふくらしこ“として使用されて来たらしいです。

掃除に利用していたのはアメリカ人だったそうです。

ベーキングパウダーと重曹は同じだと思っていたのですが違うんですよね〜。


重曹は色の濃いお菓子(ドラ焼き)や、濃い色を付けたいお菓子を作る時に使うといみたいです。

ベーキングパウダーは、ふっくらさせたい時に使うといいそうです。

私、お菓子作りをあまりしないので聞いたお話ですが^^;

重曹の成分が炭酸水素ナトリウムで出来ているのに対してベーキングパウダーは、ふくらみやすいように酸性の物質が加えられている合成膨張剤です。

アク抜きや、掃除、洗濯には向かないので食品関係に使うといいですね^^


重曹は開封しても、保存状態が良ければ2年程持つそうです。

保存方法は、重曹は湿気を吸収しやすいので密封して高温多音や、直射日光を避けての保存が最適です。

頻繁に使う物は、瓶に小分けしておくと便利ですね^^

酢やレモンを数滴垂らして泡立てば新鮮な証拠☆

まだまだ使えます!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120360575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。